里親制度について

TOP > 里親になろう > 里親制度について

パンダを守る、里親制度についてご紹介します。

あなたもパンダの里親になりませんか

かわいいパンダを守ることから自然を、地球を、人類を守っていきたい。

里親制度はパンダを救うために設立されたものです。あなたもパンダの里親になって、かわいいパンダを救う支援をしませんか。

里親会費は直接臥龍中国パンダ保護研究センターに手渡されます。
そして現地パンダ研究センターでパンダを保護する為に、以下の通り大事に使われます。

@ パンダの飼養費、管理費、医療品等の不足を補助します。
A パンダの科学研究費用の出資支援に充当します。
B パンダに関する資料や広報等の費用として使われます。

個人でも団体でも当協会を通じて、手続きをすれば、パンダの里親になれます。 (申請書は こちらから ダウンロードできます。 )
また、日本パンダ保護協会へご連絡いただければお送りいたします。

日本パンダ保護協会
〒101-0064 東京都千代田区猿楽町 1-5-3 リッツお茶の水ビルU 4F
TEL:03-5281-0064 FAX:03-5281-0065

現地施設で里親になるための手続費用

施設名  臥龍中国パンダ保護研究中心

個人年間
・年間里親 4,000元
・占有里親 40,000元

団体年間
・年間里親 40,000元

個人・団体
・終身里親 300,000元

手続に関する注意事項

レートについて  1元=およそ15〜16円で計算します。
レートは変動しますので、実際の手続き時のレートとなります。

年間里親
・個人が1年間里親の権利を得ることが出来ます。
(1頭あたり10人まで参加)

占有里親
・1個人が1年間里親の権利を占有します。

終身里親
・個人または団体がそのパンダの終身に渡って里親となります。


里親になり臥龍に行くと、以下の特権が与えられます。

  1. ゴールド会員証が発行されます。ゴールドカード会員になると本人参加の際、毎回10人までパンダ苑の参観が無料になります。
  2. 会員カードを提示すれば、本人の里子パンダと無料で一年間のべ10回まで一緒に写真を撮ることが出来ます。
  3. パンダクラブ雑誌(中国語)とバッジ2個が贈呈されます。
  4. 個人里親、団体里親ともに個人、団体よりパンダの命名権が与えられます。
  5. 個人里親、団体里親ともにパンダ里親証が発行されます。
  6. 臥龍パンダセンターの飼育舎の前に里親の名前の入ったプレートが飾られます。
Page top