中国国内のパンダ研究施設

TOP > 世界のパンダ施設・リンク > 中国国内のパンダ研究施設

中国国内のパンダ研究施設をご紹介します。

陜西省珍稀野生動物護救飼養研究センター

陜西省珍稀野生動物護救飼養研究センターは、1987年に設立を計画し、1993年に中国政府林業部の許可を得て設立しました。現在は16人の研究者がいる。業務は主に陜西省林業庁保護課と動物管理所の指導の元で行われている。陜西省珍稀野生動物護救飼養研究センターは秦嶺の北麓にある陜西省楼観台森林公園内に位置し、立地条件に恵まれている。研究センターは中国の稀少動物の保護、つまりパンダ、金糸猿、羚牛などの保護や動物の種の繁殖研究を目的としている。当研究中心は、負傷した野生動物の保護、飼育と繁殖、科学研究及び普及教育等五つの役割を持っている研究機構である。主な業務内容は以下の通りである。

  1. パンダ、トキ、金糸猿の人工飼育、繁殖をさせる。
  2. 陜西省の自然環境に生きていおり力絶滅が危惧されている動物を収容する。
  3. 野生動物の救助、負傷した動物の保護及び繁殖等の科学研究を行う。
  4. マスコミに対し動物の保護意識を高める為に、野生動物保護法規を宣伝する。
陜西省珍稀野生動物護救飼養研究センターは敷地面積2の動物コアラ館15棟を建設し、そのうちコアラが6棟で敷地面積282.2m2あり、9つの棟にパンダが暮らしている

  名前 性別 備考
1 屏屏 ピンピン 1995年、1996年に臥龍パンダ研究中心にて、繁殖研究をしている。
2 明明 ミンミン 白内障にかかっており、近年、虫歯で苦しんでいる。
3 艶艶 イェンイェン 1995年からずっとドイツバイリン動物園で繁殖研究をされている。
4 留留 リュウリュウ
5 丁丁 ディンディン 1997年10月13日に臥龍で生まれ、父は新興、母は冬冬である。
6 嬌嬌 ジャオジャオ
7 園園 ユェンユェン
お母さんは嬌嬌である。

成都パンダ繁殖研究基地

1.基地の紹介
成都市人民政府は1987年3月に成都市の北部斧頭山、街の中心部より10キロ離れている場所に、成都パンダ繁殖研究基地を設立した。10年間のプロジェクトのうち現在第1、第2期工事は既に完成している。現在敷地面積は34781.8m2である。  
当基地は造園の工夫により野生パンダの生活環境をそのままに再現し、パンダの発育に応じて成体、亜成体、幼体飼育区を作り、そして、パンダ博物館及びサービスセンターを開設した。

成都パンダ繁殖研究基地は、中国国内のパンダなどの稀少野生動物を保護する為の主要な場所であり、ここは一流の設備と専門家及び技術者を揃えている。今まで、パンダ等の稀少野生動物に関して基礎と応用の二つの分野から研究を進めており、1980年から現在まで中国政府や、四川省、成都市政府及び中国林業省、科学技術委員会より40以上の発明賞、科学進歩賞等を受賞した。そのうち、“パンダのDNA指紋探針研究とDNAの採取方法の樹立”、“双子パンダの幼期養育研究”及び“パンダの出血性腸炎病原及び予防研究”等の項目は国内において最高レベルに立っている。最近、“成都稀少野生動物繁殖と遺伝開放実験室”が設立され、繁殖生物学と保護遺伝学を主に研究している。しかも、パンダの繁殖と遺伝研究では重要な成果をあげた。

成都パンダ繁殖基地は1993年にパンダ博物館を開設した。それは世界唯一の稀少野生動物を保護するために開設したテーマ博物館で、主にパンダ館、蝶蝶館及び脊椎動物館からなっている。

パンダ等の稀少野生動物を保護する面において優れた成果をあげたため、成都パンダ繁殖研究基地は国連の環境企画部門から“ワールドランキング500”、中国の環境保護の最高賞である“中華緑科学技術金賞”、“全国環境総合管理優秀工程賞”及び“全国科学普及教育基地”など高い評価受けている。

2.繁殖について
成都パンダ繁殖研究基地は、人工授精によるパンダ繁殖事業において、目を見張る成果を収めている。1980年以来、成都動物園は世界初の冷凍精液でパンダの繁殖を成功させて以来、もともと6頭しかいなかったパンダが、2001年8月2日までに成都パンダ繁育基地と成都動物園合わせて、42回66頭のパンダを出産し、そのうち半歳以上生育したのは38頭にのぼっている。今、現在成都パンダ繁育基地は34頭のパンダが暮らしている。“英雄母親”と呼ばれるパンダ“美美”は人工繁殖で9回11頭の子パンダを出産した上、7頭を生育した奇跡を作り、“美美”の娘“慶慶”は母親の記録を破り、7回11頭の子パンダを出産し、全て生育した。これは現在、成都パンダ繁育研究基地で人工飼養による3代目のパンダの繁殖と生育を成功させたという事の証明である。

3.現在海外の動物園で活躍するパンダたち      
5頭の成都パンダ繁育研究基地出身パンダが海外の動物園で暮らしている。
契約期間は10年で、海外にいるパンダたちはみな現在元気に活躍をしている。

  名前 生まれ 性別 国名 動物園名
1 梅梅 メイメイ 1994年 日本 和歌山白浜野生動物園
2 良浜 ラウヒン 2000年 日本 和歌山白浜野生動物園
3 洋洋 ヤンヤン 1997年 アメリカ アトランタ動物園
4 倫倫 ルンルン 1997年 アメリカ アトランタ動物園

雅安宝興蜂桶寨自然保護区

雅安宝興蜂桶寨自然保護区は、四川省雅安市宝興県の有名な夾金山に位置し、1979年に設立された。敷地面積は4万ヘクタールで、成都までは200kmあります。ここは中国国家級のパンダ自然保護区に指定されている。

保護区では、パンダをはじめ、金糸猿、緑尾虹雉、白純鹿、牛羚及び?桐、銀杏など珍稀動物、植物の保護や観察を行っている。蜂桶寨と臥龍パンダ研究センターは地理的に近く、それぞれが一つの山の両端に位置している。臥龍パンダ研究センターは中国パンダの中心で、対外交流の窓口である一方、宝興蜂桶寨は中国野生パンダが最も多地域であると言える。

宝興蜂桶寨自然保護区内のケ池溝はパンダが発見された土地である。1869年にフランスの布教師及び生物家であるデビットはケ池溝でパンダを発見した。発見されたパンダは標本につくられて、バリ博物館まで運ばれ、パンダは人々に注目されるようになり、生きている化石と呼ばれ、世界で有名になった。

パンダは中国の国宝として、国際交流、科学研究及び科学普及教育などにおいて重要な役割を担っている。1955年から、118頭のパンダが雅安宝興蜂桶寨自然区から、中国各地、世界各国に送られ。その内の16頭は、中国政府から、アメリカ、日本、イギリス、前ソ連、フランス、西ドイツ、朝鮮、メキシコなどの国に贈呈されている。

  名前 国名 出国年月日 性別 出身地
1 平平 ピンピン 前ソ連 1957.5.18 宝興塩井郷平和溝
2 安安 アンアン 前ソ連 1959.8.18 宝興中バー郷
3 1号 イハオ 朝 鮮 1965.6.3 宝興
4 2号 アルハオ 朝 鮮 1965.6.3 宝興
5 凌凌 リンリン 朝 鮮 1971.10.20 宝興ヤオジー郷
6 三星 サンシン 朝 鮮 1971.10.20 宝興塩井郷
7 丹丹 タンタン 朝 鮮 1979.3.20 宝興塩井郷
8 玲玲 リンリン アメリカ 1972.4.16 宝興ヤオジー郷マーホアン溝
9 興興 シンシン アメリカ 1972.4.16 宝興塩井郷
10 蘭蘭 ランラン 日 本 1972.10.28 宝興塩井郷
11 康康 カンカン 日 本 1972.10.28 宝興ロン東鎮ー羊溝
12 歓歓 ホアンホアン 日 本 1980.1.29 宝興ヤオジー郷
13 黎黎 リリ フランス 1974.4.20 宝興ヤオジー郷
14 佳佳 ジアジア イギリス 1974.9.14 宝興塩井郷
15 迎迎 インイン メキシコ 1975.9.10 宝興ロン東鎮
16 宝宝 バオバオ 前西ドイツ 1980.11.5 宝興ヤオジー郷

福州パンダ研究センター(パンダワールド)

福州パンダ研究センターは、福州市西端にある大夢山のふもとのきれいな西湖の隣である。敷地面積は5ヘクタールあり、世界の稀少動物であるパンダを飼育している他に、熊やアライグマなど熊類動物も飼育している。福州パンダ研究センターは北京とパンダの故郷である四川省を除くと、中国東南沿海地域では唯一パンダを研究しているところであるだけでなく、パンダに関する関心を高め、知識を普及する目的であるレジャーランドが併設している。そのためセンターはパンダをはじめ動物の研究、飼育、レジャーと総合施設として有名である。

福州パンダ研究センターでは、現在4頭のパンダが暮らしている。青青(チンチン25才、雌)、巴斯(バス21才、雌)、四号(スーハオ16才、雌)、小青(シャオチン12才、雌、青青の娘)の4頭。

これ以外にもセンターは、1991年に『最後のパンダ』というドキュメンタリーの撮影を企画し、 四川省臥龍パンダ繁育研究センター、成都パンダ繁育基地、成都動物園、北京動物園、武漢動物園等と協力して、上海科学教育映画製作所と福州映画製作所が10年間をかけて、2001年に撮影を完成させた。この映画は世界で唯一パンダを扱う科学教育映画である。福州パンダ研究センターは『最後のパンダ』の所有権を持っており、貸し出しをしている。

問い合わせ先:(0591)3726522、陳玉村主任

センター敷地内には、“パンダ館”、“レッサパンダ館”、“熊のエリア”、“パンダ博物館”、“パンダ劇場”、“パンダ芸術館”“夢山チョウチョウ園”、“警察犬園”及び“パンダ山荘”からなる。センターは、独自の科学的な調教方法を駆使している。またパンダの繁殖研究、クローン研究及び科学普及教育にも積極的に取り組んでいる。

開放時間 6月〜9月 07:30〜18:00
10月〜5月 08:00〜17:30
ガイド付き見学時間 月曜日〜金曜日 9:00 10:30 14:00 15:30
日曜日、祝日 9:00 10:00 11:00 14:00 15:00 16:00
TEL (0591)3726522、(0591)3787118
FAX 1997年
住  所 郵便番号:350001 福州市夢山路88号
交  通 バス1番線、809番線、811番線〜西門駅で下車 西二環線、鰲峰州→福州駅線〜西洪路駅で下車
Page top